エマワトソンはハーバード大学卒ではなかった!?専攻や偏差値まとめ

出典:www.amazon.co.jp

フランスに生まれ、幼少期にイギリスのオックスフォードに移住したエマワトソン。

当時、アメリカやイギリスの名門大学に受験し合格していたエマは、ハーバード大学卒という印象がありますが、本当はどの大学にどういう理由で入学したのか。

また、そこで何を専攻したのか、大学の偏差値も調査しまとめたので、ぜひ秀才なエマの大学に関して知ってみましょう!

エマ・ワトソンはハーバード大学ではなくブラウン大学卒!

エマワトソンがハーバード大学を卒業したとなぜか誤解されがちですが、エマが入学し卒業した大学は、ブラウン大学です。

当時、エマはイェール大学、ケンブリッジ大学、ブラウン大学という名門大学に受験し合格しました。

まさにハリーポッターのハーマイオニー・グレンジャーのように才色兼備で努力家なんですよね。

ちなみにエマがブラウン大学に入学した年は、『ハリーポッターと謎のプリンス』が公開しました。

ブラウン大学を選んだ理由

なぜ、エマが合格した3つの大学からブラウン大学を選んだのか、理由は以下の動画で語っています。

イギリスにいるとエマワトソンではなくハーマイオニーとして見られてしまうためアメリカの大学に決めたようです。

また、特にブラウン大学のリベラルの教育課程や大学の雰囲気が魅力的だったため、ブラウン大学に進学することを選んだと語っています。

自由に学業に努め、一般人と同じような大学生活を送りたいというエマらしい意思が伝わりますね。

1年間オックスフォード大学へ編入

イギリスにいるとハーマイオニーとして見られてしまうと語ったエマは、実はイギリスのオックスフォード大学に編入していたことがわかりました。

2011年10月からおよそ1年間オックスフォード大学の編入していました。キャンパスは、エマの故郷に所在します。

イギリスの文化でまた違った視点で学び、自身の視野を広げるためか編入を決めたのでしょう。

二つの大学で英文学を専攻

エマは、ブラウン大学で英文学を専攻しました。また、オックスフォード大学でも英文学を専攻していたようです。

英文学とは、一般的にイギリス文学のことを指しますが、具体的に何を学べるのか、まして名門大学となると、なお想像できないですよね。

そして、2014年5月にエマは、英文学の学士号を取得し、主席でブラウン大学を卒業しました。

なぜ英文学を専攻?

なぜ英文学を専攻したのか具体的な理由はわかりませんでしたが、エマは日本人が執筆した小説を愛読するほど、読書好きとして有名です。

読書好きかつ、幼少期から女優を経験したため、文学を追求したくなったのではないのでしょうか。

また、ブラウン大学では、オープンカリキュラムという興味のある教科を自由に選択し学習できるシステムがあります。

そのため、自称「勉強オタク」というエマは、英文学以外の様々な分野を学んだのでしょう。

ブラウン大学の偏差値は?

アメリカの大学には、日本のように偏差値という概念がありません。

なお、ブラウン大学の合格率は約7%。エマが入学した年では、合格者の三人に一人は高校の成績で首席または次席という。

また、アメリカの大学の入試は、高校での成績だけでなく、人間性や学業以外の取り組みも大きく評価に影響するようです。

エマは、毎日5時間勉強し、女優業の経験を生かしたため名門大学に合格することができ、在学中も女優業と学業を両立できたのは、エマの高い意識があったからではないのでしょうか。

まとめ

  • エマは、ブラウン大学に入学し1年間オックスフォード大学へ編入
  • 二つの大学で、英文学を専攻
  • 2014年にブラウン大学英文学の学士号を取得、首席で卒業
  • ブラウン大学の合格率は、約7%

以上、エマワトソンはハーバード大学卒ではなかった!?専攻や偏差値まとめでした。


動画編集スクール【クリエイターズジャパン】あなたも動画編集のスキルを身につけませんか?

  • ◼︎ 20代~40代の男女
  • ◼︎ フリーランスや副業を始めたい方
  • ◼︎ 個人で稼ぐスキルを身につけたい方

動画広告の市場は急速に成長しています!

また、人気の高いプログラミングと比較すると、動画編集は基本スキルの取得難易度は低めなので、今からでも十分参入可能といえます!

YouTubeの動画編集代行は一般的に1本3,000円~5,000円が目安といわれています。

YouTuberをお手伝いする動画編集のスキルを身につけ、動画編集者になってみませんか?


by
関連記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA