みずほ銀行atmメンテナンス休止多すぎ、システム障害の原因は?

みずほ銀行atmのメンテナンス・休止が多すぎる理由やシステム障害の原因を調査したので、ぜひご覧ください!

メンテナンス休止多すぎる理由は?

みずほ銀行は、元の富士銀行、第一勧業銀行、日本興業銀行の3つの銀行が経営統合した都市銀行です。

これら3つの銀行のシステムは違い、一度に統合することができないため、メンテナンスとして複数回に分けシステム統合を実施しているということが実情です。

このシステム統合する際に大規模なシステム障害を起こしています。主にATMの停止やエラーが発生し、金融庁からお叱りを受けたようです。

銀行のシステム開発は、肉体的にかなりきついようで、このシステム障害時の収束活動に関わったエンジニアが過労自殺したという過去もあります。

その大規模なシステム障害もあり、今後システム障害や不具合が起こらないよう頻繁にメンテナンスを実施しているのでしょうか。

また、当時の旧第一勧銀行のシステムは非常に複雑という話もあり、みずほ銀行のシステムはより複雑化したのではないでしょうか。

システム障害の原因は?

みずほ銀行は、2021年2月28日に起こったシステム障害の原因を定期預金取引のデータ移行作業によるものと発表しました。

複雑なシステムでのデータ移行作業で、システム障害が引き起こるのは、目に見えていたのではないでしょうか。

ツイッターの反応は?

筆者は、1年間ほどみずほ銀行をメインバンクとして活用していましたが、メンテナンスの多さを理由に、現在はゆうちょ銀行をメインバンクとして活用しています。

やはり、肝心な時に預金の引き出しが行えないというのは、利用者の不満を買ってしまいますよね。

メンテナンスの多さだけでなく、システム障害といったトラブルも印象に残っている方もいますね。

まとめ

以上、みずほ銀行atmメンテナンス休止多すぎ、システム障害の原因は?でした。


動画編集スクール【クリエイターズジャパン】あなたも動画編集のスキルを身につけませんか?

  • ◼︎ 20代~40代の男女
  • ◼︎ フリーランスや副業を始めたい方
  • ◼︎ 個人で稼ぐスキルを身につけたい方

動画広告の市場は急速に成長しています!

また、人気の高いプログラミングと比較すると、動画編集は基本スキルの取得難易度は低めなので、今からでも十分参入可能といえます!

YouTubeの動画編集代行は一般的に1本3,000円~5,000円が目安といわれています。

YouTuberをお手伝いする動画編集のスキルを身につけ、動画編集者になってみませんか?


by
関連記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA